「グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史」展

クリエイションギャラリーG8

poster for 「グラフィズム断章:もうひとつのデザイン史」展

このイベントは終了しました。

日本のグラフィックデザイン文化は、20世紀を通じて西洋のデザイン文化とは異なる独自の美学や方法を発展させてきました。21世紀を迎えた現在、その歩みは豊かな歴史的源泉となっています。日本のグラフィックデザインは、今後どのような方向に向かうのでしょうか。あるいはどのような可能性へと開かれているのでしょうか。この問題について考えるためには、歴史への意識が不可欠です。本展では1953年から半世紀以上にわたって国内外のグラフィックデザインの最前線を追いかけてきた雑誌『アイデア』(誠文堂新光社)を手がかりに、現代グラフィックの第一線で活躍するデザイナーたちがそれぞれの視点から20世紀日本のグラフィックデザイン史を概観、注目されるべきと考える作品や人物、出来事を提示するものです。

メディア

スケジュール

2018年01月23日 ~ 2018年02月22日

オープニングパーティー 2018年01月23日19:00 から 20:30 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use