半田晴子「after FRONT」

Art Trace Gallery

poster for 半田晴子「after FRONT」
[画像: Kyowa pictorial / 2018]

このイベントは終了しました。

現代はポストトゥルース(※1)の時代だといわれる。しかしながら、この「政策の詳細や客観的な事実より個人的信条や感情へのアピールを重視し、世論を形成する」手法は、古くから政治手法の1つとして存在していたとの指摘がある。特に国家プロパガンダは「ポストトゥルース」の政治手法だと言えよう。日本は戦時中、満州国建国の正当性を広める手段として『FRONT』(※2)をはじめグラフ誌を利用した。『FRONT』は海外向けに、満州国国内向けには『協和画報』が刊行されている。

私は満州国が一方的に人々に提供した国家イメージと、現在ポストトゥルースと言われる日常のなかでインターネットの膨大な情報の中から選ぶ(選びたい)国家イメージとはどこか似ているのではないかと感じている。それはフィクションでもなければファンタジーでもない。「真実」として存在させることが重要なのだ。それは欲望の姿そのものなのかもしれない。

※1 ポスト‐トゥルース【post truth】
《「真実後、脱真実」の意》世論の形成において、客観的事実よりも感情的・個人的な意見のほうがより強い影響力をもつこと。受け入れがたい真実よりも個人の信念に合う虚偽が選択される状況をいう。ポスト真実。
[補説]2016年、英国のEU離脱決定や米国のトランプ大統領就任に関して多く用いられ、広まった語。
(出典:デジタル大辞泉)

※2 『FRONT』(フロント)は、第二次世界大戦中の1942年(昭和17年)から1945年(昭和20年)にかけて、10冊が出版(刊行9冊)された大日本帝国の対外宣伝(プロパガンダ)グラフ雑誌(グラフ誌)。発行・出版元は東方社。雑誌名『FRONT』は戦線の意。
(出典:wikipedia)

※3 ぎ‐まんしゅうこく〔‐マンシウコク〕【偽満州国】
昭和7年(1932)、満州事変により日本が中国東北部につくった満州国のこと。中国は満州国を国家として認めず「偽」の字を冠し、「偽満州国」と呼んでいる。

メディア

スケジュール

2018年05月27日 ~ 2018年06月18日
木曜日は休館

アーティスト

半田晴子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use