「収蔵品展061 なつかしき」

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 「収蔵品展061 なつかしき」
[画像: 二川幸夫 『日本の民家』より 《簸川平野の農家 島根》 ゼラチン・シルバー・プリント 24.7×24.3cm 1953-59]

27日後終了
本日(月曜日)休館

東京オペラシティアートギャラリー収蔵の寺田コレクションは、寺田小太郎氏の美意識により形成されたユニークなコレクションとして知られています。寺田氏の収集活動は、「日本的なるもの」とは何か、という問いを根底に置いていますが、そこには、若き日に敗戦を迎え、その後の価値観の転換やさまざまな世相、社会の変転のなかで、たえず時流と距離を置きながら、わが国の自然を愛し、山野の逍遙を心の糧に生きてきた寺田氏自身の精神の軌跡が投影されています。今回の収蔵品展では、とくに寺田氏がなつかしさをもって振りかえる「子どものときの生活空間」や、あるいは「母親のふところみたいな感じ」と結びつく作品を寺田氏とともに選定しました。その構成は、川瀬巴水(1883-1957)、二川幸夫(1932-2013)、芝康弘(1970-)ら、時代もジャンルもまったく異なる作家たちの異色の組み合わせとなりました。だれもが抱いて生きている「なつかしさ」の感情について、コレクター自身の視点から探る試みと言えますが、同時に、現代社会における「原風景」のありかを考えるきっかけとなれば幸いです。

メディア

スケジュール

2018年01月13日 ~ 2018年03月25日

アーティスト

川瀬巴水二川幸夫芝康弘

入場料

[収蔵品展] 200円、未就学児 無料。企画展はイベントにより異なる

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで
金曜日は20:00まで, 土曜日は20:00まで
月曜休館
祝日の場合は開館し翌火曜日休館

アクセス

〒163-1403 東京都新宿区西新宿3-20-2
電話: 03-5777-8600

京王新線初台駅東口より徒歩5分、都営大江戸線西新宿五丁目駅A2出口より徒歩17分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use