「裸体像Tシャツ計画 20年の歩みとこれからのこと」展

ARTnSHELTER

poster for 「裸体像Tシャツ計画  20年の歩みとこれからのこと」展

このイベントは終了しました。

当時、私は自作プリントTシャツを販売していたがなかなか売れず、お客さんの細かい注文にも嫌気がさしていた。「だれか黙ってわたしのTシャツを着てくれる人がいないものか」と思案しているときに突如ひらめいた。「そうだ、公園に立っている裸体像にTシャツを着てもらおう」と。最初はいたずら半分だった。世の中に対する不満があったのかもしれない。一回やれば満足すると思っていた。しかし現実はそうではなかった。始めてTシャツを着た裸体像は思いのほか美しく奇抜でそしていつもよりエロかった。周りの反応も面白かった。「寒い冬は、洋服着せてあげたいね」というおばあさんや「ここだけ夏が来た!」と感嘆するおじさん。大笑いで拍手喝采する人もいれば、不謹慎だと怒り出す人もいる。公共空間における美術の意義を論じだす文化人もいれば、ジェンダー思想から裸体像に異議を申し立てる女性活動家まで現れた。私の行為は多くの人の心を和ませ、思考させ、苛立てさせるのだ。この魅力に取りつかれた私は今日まで裸体像を見つけては、せっせとTシャツを着せてきたのである。

今展示会では裸体像Tシャツ計画とはいったい何なのか、そしてこれからどこへ行くのか語り合ってみたい。といっても難しくつもりはない。面白く過去・現在・未来を見通せるものにしたい。いずれにせよ私は今後も同じようにこの活動を続けていくだろう。最初から最期までいたずら半分で、そして半分大真面目で …。

メディア

スケジュール

2018年06月12日 ~ 2018年07月02日

アーティスト

北川純

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use