「生誕135年 石井林響 - 千葉に出づる風雲児 - 」展

千葉市美術館

poster for 「生誕135年 石井林響 - 千葉に出づる風雲児 - 」展

このイベントは終了しました。

石井林響(りんきょう)は、明治大正の時代を駆け抜けた日本画家です。千葉に生まれ、東京で橋本雅邦に入門、若くして頭角をあらわし、歴史画から田園風俗画、南画など画風を大きく展開させながら、画壇へ刺激や示唆を与え続けた熱血漢でした。「西の関雪、東の林響」と称えられ、その才筆と気概によって、画人たちや房総の人々にも大きな存在感を遺しています。本展では新たな資料と視点を交えて画業の全容を回顧、目利きであった林響が所蔵した重要文化財を含む約140点で林響が追い求めた理想の世界を探り、その魅力をあらためて広く紹介します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年11月23日 ~ 2019年01月14日
金曜日・土曜日は20:00まで開館。12月3日(月)、12月29日(土)~1月3日(木)は休館

アーティスト

石井林響

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援