灰野文一郎 展

宇都宮美術館

poster for 灰野文一郎 展

このイベントは終了しました。

灰野文一郎は1901年、新潟県高浜松椎谷(現・柏崎市)に生まれました。小樽商業学校に学び、在学中には後のプロレタリア作家小林多喜二など共に絵画サークルで制作や展覧会を行なっていました。その後、明治大学商学科を卒業、1926年より栃木県宇都宮市立宇都宮商業高校で教鞭を取るようになります。灰野は高校、また後には作新学院の教師として、商業美術の教育にも情熱を傾けています。昭和初期から光風会、白日会などに宇都宮の風景や静物などの身近な風景を描いた油彩画を出品し始め、自らの表現を追求する模索時代を過ごしながら、徐々にリズミカルな筆の運びで独自の動きのある画面を制作するようになります。1936年には《高原に炭を焼く》(栃木県立美術館)により文展鑑査展に初入選しますが、よく37年から38年にかけて中国大陸に出征、胸に銃弾を受けて入院加療を余儀なくされました。戦後になると、那須の山々や高原山、日光の風景などを多く描き、雄大な山々とその裾野を、広がる空と流れる雲の下に表現しました。特にその雲は「灰野の雲」と呼ばれ、見るものに移ろいゆく光や風を感じさせてくれます。本展覧会は長年にわたり宇都宮を拠点とし、栃木県の豊かな自然を中心に多くの作品を描き続け、1977年に75歳で没した画家、灰野文一郎の回顧展です。
[関連イベント]
1. 展覧会記念ギャラリートーク
日時: 2月11日(日)・3月11日(日)、14:00〜
2. 担当学芸員によるギャラリートーク
日時: 2月3日・17日、3月3日・17日・31日、4月14日。14:00〜
詳細は公式ホームページからご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年01月28日 ~ 2018年04月15日

アーティスト

灰野文一郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use