「内海信彦絵画表現研究室 十二金塊悪党五栗鳥妖女展 Part2」

ギャラリイK

poster for 「内海信彦絵画表現研究室 十二金塊悪党五栗鳥妖女展 Part2」
[画像: 石川美咲、神保はるか、窪田文、各作品]

このイベントは終了しました。

内海信彦絵画表現研究室(Nobuhiko Utsumi Pictorial Expression Laboratory)は、1999年に他界した美術家、吉田克朗(Katsuro Yoshida)を師と仰ぐ画家、内海信彦が、その師弟関係を基調として、また吉田への追悼とオマージュの想いを籠めて、2000年より美学校(Bigakko)にて開講しました。2012年より早稲田大学に拠点を移した同研究室は、戦後日本において文化の革命が敗北し、「美術」はすでに終焉したとの認識に基づき、この時代を生きる作家としての責務と覚悟を、真剣な講義と制作活動において実践しています。
[関連イベント]
出展作家・ギャラリートーク「近代総体の終焉を生きる作家と思想表現としての芸術」 
日時: 3月8日(木)17:00~19:00
料金: 一般 700円、大学生・高校生 500円
定員: 50名、要予約

メディア

スケジュール

2018年03月05日 ~ 2018年03月10日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use