「線の造形、線の空間 飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸」展

智美術館

poster for 「線の造形、線の空間 飯塚琅玕齋と田辺竹雲斎でめぐる竹工芸」展

このイベントは終了しました。

竹工芸の作品は、しなやかで強靭な竹の特性を生かし、編組(へんそ)技術によって形づくられます。竹を割り、削って加工した多様な「線」は豊かな表情や質感を示し、作品に応じて選ばれ、巧みに用いられます。そして「線」の連なりは、構造と同時に装飾ともなり、空間を包み透かして立ち上がる竹の造形を創出するのです。竹工が職人的な技芸を超えて、個人の表現として追求されるようになるのは大正、昭和期のことです。本展では、その時期に東京を拠点に活躍した飯塚琅玕齋(1890‐1958)と大阪・堺を拠点に活躍した初代田辺竹雲斎(1877‐1937)を中心に、琅玕齋の兄・二代飯塚鳳齋(1872‐1934)、琅玕齋の息子・飯塚小玕齋(1919‐2004)、そして二代竹雲斎(1910‐2000)、三代竹雲斎(1941‐2014)、四代竹雲斎(1973-)の作品を展示します。二つの家系、作家7人の作品120点余によって、大正、昭和、そして現在までの竹工芸作品を見渡し、各作家が既存の技法や前の世代の制作を革新させてきた「線」による立体造形の魅力をご紹介します。

[関連イベント]
スペシャルトーク
1.「竹雲斎が継承するもの」
日時: 5月19日(土)15:00〜
ゲスト: 4代田辺竹雲斎氏
2.「琅玕齋を中心に飯塚家の制作について」
日時: 6月16日(土)15:00〜
ゲスト: 鈴木さとみ(栃木県立美術館学芸員)
*詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年04月14日 ~ 2018年07月16日

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: May 2018

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use