岩佐又兵衛「浄瑠璃物語絵巻」展

MOA美術館

poster for 岩佐又兵衛「浄瑠璃物語絵巻」展

このイベントは終了しました。

岩佐又兵衛勝以(1578 〜1650)は、豊かな頬と長い頤( おとがい) の人物表現や大和絵と漢画を折衷したような独特の画風で一世を風靡し、のちの絵画に多大な影響を与えました。歌仙、風俗、物語など幅広い画題を得意とし、なかでも古浄瑠璃の正本(テキスト)を詞書とした絢爛豪華な絵巻群は、又兵衛の画業においても重要な位置を占めています。「浄瑠璃物語絵巻」は、奥州へ下る牛若と三河矢矧の長者の娘浄瑠璃の恋愛譚を絵巻化したもので、金箔や金銀泥、緑青、群青など高価な顔料がふんだんに用いられ、又兵衛筆とされる絵巻群中最も色彩の華麗な作品です。

本展では、2014 年以来4 年ぶりに全12 巻を一堂に展観します。あわせて、又兵衛絵巻群の中で又兵衛の関与が一番深いとされる重文「山中常盤物語絵巻」(第1 巻)、下野の豪族堀江氏が親の仇を討ち再興を果たす「堀江物語絵巻」(第6 巻)、歌仙絵という大和絵の主題を水墨画の技法を用い奔放自在に描いた重文「紀貫之・柿本人麿図」などの又兵衛の名作を展示します。

[関連イベント]
学芸員による美術セミナー
岩佐又兵衛の画業について 「浄瑠璃物語絵巻」を中心に
日時:2018年5 月19 日(土) 13:30〜14:30
料金:無料( 入館料は別途必要)
定員:120 人( 先着順)

メディア

スケジュール

2018年04月27日 ~ 2018年06月05日

アーティスト

岩佐又兵衛

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use