板橋廣美 「重力内無重力」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 板橋廣美 「重力内無重力」
[画像: 板橋廣美「界」W125×D60×H120mm]

このイベントは終了しました。

「重力内無重力」とは板橋氏独自の造形技法をしめす言葉です。釉薬をシャモット(粘土を焼成して粉砕したもの)の中に埋めて焼成すると、宙空で造形するような作品になり、危うさを孕んだ存在感を放ちます。また板橋氏は水をかたどった楕円形や円形の白磁のオブジェ作品にも定評があります。今展ではシャモットによるインスタレーション「寂」と、内部の空気を感じさせるゆるやかな曲線の白磁のオブジェなど約20点を展示する予定です。

メディア

スケジュール

2018年11月06日 ~ 2019年01月15日
11月25日、12月28日~1月4日は休館

アーティスト

板橋廣美

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援