井上尚久 「場の知覚」

銀座ニコンサロン(ニコンプラザ内)

poster for 井上尚久 「場の知覚」

このイベントは終了しました。

街を歩いていると、ふと目の前の景色がまるで映画のセットのような、どこか現実ではない世界に見えることがある。それはほんの一瞬の出来事なのだが、その感覚は私の記憶に微かだが、しかし消えることなく澱のように蓄積されていく。本来、景色を見る・感じる・考える…ということは、人それぞれの知覚によって異なるといってよい。誰もが見慣れた日常の景色の中でさえ、さまざまな見え方があるということは、いかに視覚認識があいまいかということである。私たちが認識する日常は、実は目に見えていても、その一部しか認識していないのではないだろうか。
写真は、左右の広がり、奥行きのパースペクティブの広がりと私たちが認識する以上の広がりで見せてくれる。そこに映っている、建物、電柱、電線、樹木、影、雲…と何の変哲もない“もの”たちを、はっきり認識させられたとき、逆に違和感のある非日常的な景色に見えてしまうのである。

メディア

スケジュール

2018年06月13日 ~ 2018年06月19日 15:00

アーティスト

井上尚久

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use