poster for 「舞 MAI」展

このイベントは終了しました。

2018年年末・2019年新春の特別企画として、書家の柿沼康二と日本画家の楚里勇己、磯部光太郎の展覧会「舞 MAI」を、MARUEIDO JAPANと共同開催します。
存命書家として初めて現代美術館(金沢21世紀美術館)で個展を開き、現代作家とのコラボや海外のアートフェアと、積極的に活動の場を広げている柿沼康二。彼は、「書はアートたるか、己はアーティストたるか」と言う命題のあくなき追求を掲げ、書を進化させています。一方、現代的な色彩センス、構成力で絶大なる支持を得ている楚里勇己、そして、先日NYで初個展を成功させた磯部光太郎は、2018年春に同ホテルにて好評を得た日本画展以来2度目の出展です。楚里は日本の四季の花を、磯部は長年の取り組んでいるビオトープをテーマに新春を飾ります。
今回展示会の一角では、3f人の作家がそれぞれのテーマを表現する競作も披露いたします。全身を使い、最後まで一気に完成させる書の世界を「動」とすれば、丁寧に時間をかけてその瞬間をその絵に閉じ込める日本画は「静」と言えましょう。敢えて、書家に「静」、日本画家に「動」という命題を与えたら、それぞれいかに表現するのでしょうか。1階に展示された「書の静」、「日本画の動」も是非お立寄りください。
「筆が宙を舞い、紙の上でダンスをしている感じ」と、柿沼は作品制作を表現しました。どうぞ3人の新春の筆の舞をお楽しみください。
会場: ANAインターコンチネンタル東京1階、2階、3階アートギャラリー

メディア

スケジュール

2018年12月28日 ~ 2019年02月13日
会期中無休

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援