「建築家・坂倉準三 パリ‐東京 - 生き続ける建築 - 」

アンスティチュ・フランセ東京

poster for 「建築家・坂倉準三 パリ‐東京 - 生き続ける建築 - 」
[画像: パリ万博日本館正面©sakakura associates]

このイベントは終了しました。

アンスティチュ・フランセ東京では、建築家、坂倉準三(1901-1969) の展覧会を開催します。会場となるのは、彼が1951年に完成させたこのアンスティチュ・フランセ東京の建物です。1931年から1936まで、建築家 ル・コルビュジエとピエール・ジャンヌレに師事した坂倉準三は1937年、パリ万国博覧会日本館の設計を任されたことで、国際的に高い評価を受けます。帰国後は、住宅から公共施設、家具デザイン、展示構成から都市計画に至るまで、さまざまなプロジェクトを手がけます。師であるル・コルビュジエを通じ、坂倉準三はモダン・ムーブメントの建築に関心を抱き、シャルロット・ぺリアンやジャン・プルーヴェといったル・コルビュジエの仲間と交流し、のちに共に仕事をすることになります。坂倉準三の作品は変化に富み、特に建物の内と外の関係については、日本の伝統建築に基づいた独自のとらえ方を感じ取ることができます。坂倉準三はまた人間に対して特有のとらえ方を持ち、ル・コルビュジエのように、建物を建てる際の寸法として考えるのではく、建物によって包み、守り、開放すべき感情を持つ存在として、人間をとらえていました。本展では、映像や写真、当時の資料や家具によって坂倉準三作品の特徴を紹介し、そのエレガンスや大胆さ、そして温かさを浮き彫りにします。
会場: アンスティチュ・フランセ東京 ホール、ギャラリー

メディア

スケジュール

2018年09月06日 ~ 2018年10月21日

アーティスト

坂倉準三

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援