「変わらぬ原作、変わり続ける翻訳 - 日本とK・チャペックの文学 - 」展

チェコセンター東京

このイベントは終了しました。

カレル・チャペックが亡くなったのは、第二次世界大戦勃発の前夜、1938年の12月のことであり、2018年は没後80年にあたる。チャペックの作品は、作家自身の生前から欧米に遅れること数年で日本でも盛んに翻訳され、戦前から21世紀の今日にいたるまで数多くの読者に親しまれ、その人気は今もなお衰える気配がない。これは他国に類を見ない現象である。大正・昭和・平成に刊行されたチャペックの邦訳をみると、誰でもまずその数に驚かされるだろう。
本展示は、約1世紀にもおよぶ、日本におけるチャペックの翻訳史を回顧し、チャペックの文学を日本の読者に届けた翻訳者にも光を当てる。年代順に並べられるチャペックの邦訳を追っていくと、どの時代にどのような翻訳が刊行されてきたのかを知るばかりではなく、チャペックの文学が日本でどのように認識されていたのか、時代にともなってその認識がどのように変わってきたのかということも読み取ることができる。限られたスペースではあるが、むかし愛読した本との思いもよらない再会、知らない本との新しい出会いがきっとここで待ち受けているだろう。
[関連イベント]
トークイベント
日時: 3月7日(水)19:00~20:30(18:30開場)
ゲスト: 飯島周(日本チェコ協会)、阿部賢一(東京大学)、竹内涼子(平凡社)
※申込方法など詳細は公式ホームページをご覧ください。

メディア

スケジュール

2018年03月07日 ~ 2018年03月28日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use