宮島達男「Life (Ku-wall)-no.6」

日本科学未来館

poster for 宮島達男「Life (Ku-wall)-no.6」
[画像: 《Life (Ku-wall) - no.6》 宮島達男 製作年: 2014 80 x 80 x 15 cm 素材:発光ダイオード、池上プログラムによるIC、 マイクロコンピューター、ケーブル、センサー、 曇りガラス、ステンレス Photo by Jack Hems]

常設展

零壱庵は、アート作品を通して、科学技術とともに変わり続ける人の認識や社会について考えるギャラリーです。デジタル数字のカウントの表現方法を用い、「生」と「死」というテーマに 30年以上向き合ってきた現代美術家宮島達男氏の作品「Life(Ku-wall)-no.6」を展示します。

デジタル数字のカウントにより、「死」を表現した作品。人工的な数字とアルゴリズムによる表現でありながら、まるで生きている「何か」が、生から死へと変化する様子を通して、鑑賞者に「生命」の本質を問いかけます。生命のように自己増殖的に変化し続けるアルゴリズムは、池上高志氏が制作。

メディア

スケジュール

常設展
2018年06月20日

アーティスト

宮島達男

ホームページ

http://www.miraikan.jst.go.jp/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 620円、18歳以下 210円、企画展はイベントにより異なる

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
火曜休館
祝日、春・夏・冬休み期間は開館、12月28日~1月1日は閉館

アクセス

〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6
電話: 03-3570-9151 ファックス: 03-3570-9150

新交通ゆりかもめ「船の科学館駅」より徒歩5分、「テレコムセンター駅」下車徒歩約4分、東京りんかい線高速鉄道「東京テレポート駅」下車、徒歩約15分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援