「イサム・ノグチ - 彫刻から身体・庭へ -」展

東京オペラシティ アートギャラリー

poster for 「イサム・ノグチ - 彫刻から身体・庭へ -」展

このイベントは終了しました。

詩人・野口米次郎とアメリカ人の母親のもとに生まれ、彫刻をはじめ舞台美術や家具、照明器具のデザイン、陶芸、ランドスケープ・デザインまで幅広い制作をしたイサム・ノグチ。今年、没後30年を迎えて本格的な回顧展を開催します。ノグチの作品と身体性への問いを軸に、海外・国内の約80点の作品・資料から世界を横断する活動の全容を紹介。ノグチの芸術の出発点となる20代の時に毛筆と墨で身体を描いた「北京ドローイング」8点を日本初公開します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年07月14日 ~ 2018年09月24日
8月5日(日)は休館

アーティスト

イサム・ノグチ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use