「めがねと旅する美術展 - 視覚文化の探究 - 」

静岡県立美術館

poster for 「めがねと旅する美術展 - 視覚文化の探究 - 」

このイベントは終了しました。

本展は「めがね」をキーワードとし、「みる」ことの意味を問い直す展覧会です。現代社会は、膨大な量の画像や動画、文字やサインといった視覚情報に彩られています。私たちの生活は、「みる」という行為に圧倒的に依存しているのです。あえて「みる」とひらがなで書いたように、見る・観る・視る・診る……とその意味は幅広く、「みる」ことの意味を考えることは現代社会について考えることと等価といっても過言ではありません。本展では、遠近法とレンズを用いた江戸のめがね絵から、鉄道・飛行機・顕微鏡・望遠鏡といった科学技術の発達によってみることができるようになったミクロ/マクロの世界、さらには視覚のトリックを用いたユニークな現代アートやVR(バーチャルリアリティー)といったモチーフを通じ、人々の視覚に対する探究の跡をたどります。

メディア

スケジュール

2018年11月23日 ~ 2019年01月27日
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休館。12月29日(土)〜1月1日(火)は年末年始休館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援