「女子美術大学と佐藤志津」展

佐倉市立美術館

poster for 「女子美術大学と佐藤志津」展

このイベントは終了しました。

学校法人女子美術大学の前身である私立女子美術学校の運営には、順天堂第三代堂主・佐藤進の妻である佐藤志津(1851-1919)が深くかかわっています。順天堂は天保14(1843)年に佐藤泰然(1804-1872)が佐倉に創始した蘭医学塾で、全国各地から西洋医学を志す者が集い、蘭方医を学びました。志津は明治35(1902)年、財政難のため廃校の危機に瀕していた女子美術学校の初代校主となります。「技術を身につけ、自立した女性の育成を目指す」という女子美術学校の理念に共感した志津は、以降没するまでの15年間にわたり学校経営を担い、熱心に女子教育にあたりました。
平成31(2019)年には志津が没してから100年の節目を迎えます。佐倉市立美術館では、志津に関する資料から女子美術大学ゆかりの作家の作品に至るまで、志津と女子美術大学の歴史について紹介する展覧会を開催いたします。展覧会を通して、志津の目指した理念と活動、そして女子美術大学のこれまでの歩みを振り返ります。

メディア

スケジュール

2018年07月07日 ~ 2018年08月12日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use