荒木節子 「染の風景 —海へ」

柿傳ギャラリー

poster for 荒木節子 「染の風景 —海へ」

このイベントは終了しました。

さて、今展はサブタイトルを「海へ」とされました。海の色は空の色を映すと言う通り、海はその時々で深い群青色からエメラルドグリーンの様な青緑色まで様々に変化して見えます。工房で拝見した彼女の想いが込められた最新作も、まさに海の如く、多彩な青色を楽しめるモダーンで美しい文様に仕上がっておりました。いつ拝見しても節子さんの作品は、節子さんにしか作れない独特の雰囲気があり、私はとても気に入っております。本展では、これからの季節にピタリな十八番の染帯に加え、壁掛けになる作品なども発表致します。さらに、節子さんが日頃親しくされているガラスや金工作家四名が、帯留などの小品を出品し、会場に華を添えて下さることになりました。どうぞご高覧頂ければ幸いです。

メディア

スケジュール

2018年05月27日 ~ 2018年06月02日

アーティスト

荒木節子

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use