「仙厓礼讃」展

出光美術館

poster for 「仙厓礼讃」展

このイベントは終了しました。

ユーモアあふれる「禅画」で知られる、江戸時代に活躍した禅僧・仙厓。その作品のほとんどは、還暦を過ぎた仙厓が博多・聖福寺の境内の一隅にあった虚白院へ隠棲して以降の約25年間に制作されました。手がけた画題も禅のテーマ以外に、庶民風俗・風景・動植物など多岐にわたります。“ご隠居”として悠々自適な生活を謳歌した第二の人生。本展では仙厓の書画や工芸品95点を通覧し、作品に込められた仙厓の心の内に迫ります。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年09月15日 ~ 2018年10月28日

アーティスト

仙厓

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援