「SNS展 #もしもSNSがなかったら」

3331 Arts Chiyoda

poster for 「SNS展 #もしもSNSがなかったら」

このイベントは終了しました。

ここ数年で、LINEをはじめ、FacebookやTwitter、Instagramといった様々なSNSが登場し、いつのまにか私たちの生活に当たり前のように溶け込んでいます。少し前までは存在していなかったことも忘れてしまうほど、SNSがコミュニケーションになくてはならないものになっている現在、あらためてSNSの存在について問いかけを行います。本イベントは、女優・「創作あーちすと」ののん、モテクリエイターの菅本裕子(ゆうこす)、LINEスタンプでも高い人気を誇るイラストレーターの小山健、幅広いジャンルで活躍するイラストレーター・コラムニストの能町みね子、コラムニストで小説家の燃え殻、写真家の濱田英明など、6名のアーティストが新規に作品を発表するほか、彼らがキュレーターとなり、公募期間の間にInstagram / Twitterで集まった「#もしもSNSがなかったら」がつけられた2,000を超える投稿の中から作品を選出。本展覧会では、こちらの公募作品も展示します。また、CINRAが運営する女性向けメディア『She is』で活躍する詩人の最果タヒ、本アート展のメインビジュアルを手掛けたイラストレーターのたなかみさき、『milieu』編集長の塩谷舞、アーティスト・映像作家のUMMMI.、「インスタ映えを台無しにするマシーン」などで知られる藤原麻里菜、縷縷夢兎(るるむう)デザイナーの東佳苗によるオリジナル作品も展示します。
会場: 1F メインギャラリー

メディア

スケジュール

2018年05月19日 ~ 2018年05月27日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use