佐藤拓真 「WYSASSS ── curated by Gottingham」

CAGE GALLERY

poster for 佐藤拓真 「WYSASSS ── curated by Gottingham」
[画像: “WYSASSS scale #4” from the series “WYSASSS”, 2018 Digital chromogenic transparency in artist’s frame 91.0 x 91.0 x 0.80 cm © satotakuma / Courtesy of the artist]

このイベントは終了しました。

1989年宮城県生まれの佐藤は、概念的な交換、横滑りといった手法を用いて、経験と観念の複合体を物質化しようと試みる美術家です。2017年、circle & galleryにて開催された初の個展「WYSASSS」(When You See the Acrylic to See a Stone a Stone の意で、出展作品と同名)では、石とアクリルを素材に近代建築の解釈をモデル化した「WYSASSS」(2012)をメディウムを変換して展示。複数のスケールを行き来する「建築」を通じ、解釈の概念的スケールを新たに付与した空間の制作を行いました。
本展「WYSASSS ── curated by Gottingham」のキュレーションを手がける写真家Gottinghamは、コラボレーターの作品や企画を原作として独自の解釈を与え、出来事を起こすなどの演出によるパラノーマルな世界観の表現で知られています。
本展は、先述の個展でセルフカヴァーされた「WYSASSS」を、さらにアップデートした写真作品群で構成されています。CAGE GALLERYで昨年開催されたGottinghamの個展「Space for Others」における展示様式-バックライトの機能を持ったアーティストフレーム、既製品のライトボックスによるインタレーションなどが本展でパラフレーズされています。

メディア

スケジュール

2018年02月03日 ~ 2018年03月25日

アーティスト

佐藤拓真Gottingham

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use