「マルセル・デュシャンと日本美術」展

東京国立博物館

poster for 「マルセル・デュシャンと日本美術」展

このイベントは終了しました。

マルセル・デュシャン(1887-1968)は、伝統的な西洋芸術の価値観を大きく揺るがし、20世紀の美術に衝撃的な影響を与えた作家です。この展覧会は2部構成で、第1部「デュシャン 人と作品」では、フィラデルフィア美術館所蔵の世界に冠たるデュシャン・コレクションより、油彩画、レディ・メイド、関連資料・写真など、計150余点によって、彼の創作活動の足跡をご覧いただきます。
デュシャンの革新的な思想に触れることで、知的刺激に満ちることでしょう。第2部「デュシャンの向こうに日本がみえる。」展は、東京国立博物館の日本美術コレクションで構成、もともと西洋とは異なった社会環境のなかで作られた日本の美術の意味や、価値観を浮かび上がらせ、日本の美の楽しみ方を新たに提案しようとするものです。デュシャンの作品を日本美術と比べて見ていただく世界ではじめての試みです。
会場: 東京国立博物館 平成館 特別第1・2室

メディア

スケジュール

2018年10月02日 ~ 2018年12月09日
金曜日・土曜日、10月31日(水)、11月1日(木)は21:00まで (入館は閉館の30分前まで)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援