「ダブ・レボリューション/ 世界をロックする音楽とアート」展

Gallery 5610

poster for 「ダブ・レボリューション/ 世界をロックする音楽とアート」展

このイベントは終了しました。

このたび作家、DJのデヴィッド・カッツ氏が英国より来日し、本邦初公開となるドキュメンタリー映画、「リー・スクラッチ・ペリーのヴィジョン・オブ・パラダイス Lee Scratch Perry’s ”Vision of Paradise”」(監督:フォルカー・シャーナー /2015/ドイツ/100分 )の字幕付き上映に合わせて、この映画の出演者のひとりであり、ジャマイカのレゲエとダブに身を捧げるカッツ氏のペリーに関するレクチャーをおこないます。展覧会では、この映画の主要テーマでもあるジャマイカのレゲエ音楽とダブ文化から少なからず影響を受けている10人のアーチストの作品を展示。いずれも音楽とは切り離せない中で創作活動をおこなってきた生え抜きの「動」の作家で、ダブの持ち味といえる即興性と多様な効果音が響くかのような視覚表現からは、その場にいながらにして旅をしている感覚になる。会期中には、シルクスクリーン実演プリントをおこなうほか、本場ジャマイカのアイタルフード「ヤード・フード/Yaad Food」やこだわりの水を全国から取り寄せて作る「かき氷の川久」の出店もある。(日時詳細はSNSで随時発信)
参加作家: デヴィッド・カッツ、伊藤清泉、狩集広洋、カッズミイダ、Nassie、GravityFree、vivo stained glass、Tokio Aoyama、平野雅章 Massa AquaFlow、RASTAFARiddim

[関連イベント]
レクチャーと上映会
日時: 9月13日(木) 19:00〜22:00
講師: デヴィッド・カッツ (自身による秘蔵の写真資料等を見せながらリー・ペリーについて語る (同時通訳あり))
上映: 「リー・スクラッチ・ペリーのヴィジョン・オブ・パラダイス」(監督: フォルカー・シャーナー, 2015, ドイツ, 100分)
定員: 30名 要予約
参加費: 3,000円
後援: グレイトブリテン・ササカワ財団

メディア

スケジュール

2018年09月11日 ~ 2018年09月16日
11:00〜19:00開館、最終日は17:00まで

アーティスト

デヴィッド・カッツ

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use