poster for 横山華山 展

このイベントは終了しました。

横山華山(1781/4-1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した絵師です。曾我蕭白に傾倒した華山は、岸駒に入門した後四条派の呉春に私淑し、多くの流派の画法を身につけました。華山は江戸の絵師たちにも大きな影響を与え、フェノロサら海外のコレクターからも評価されていましたが、今や知る人ぞ知る絵師となっています。本展では、代表作「祇園祭礼図巻」や、ボストン美術館や大英博物館に所蔵されている作品、曾我蕭白や弟子たちの作品など約100点を展示。華山の多彩な画業を系統立てて紹介する初めての回顧展です。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年09月22日 ~ 2018年11月11日
金曜日は20:00まで開館

アーティスト

横山華山

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援