「海を渡った画家たち 時の共演」展

軽井沢現代美術館

10日後終了

めまぐるしく流転する斬新な表現や、高値で作品が取引されるマーケットが賑わいを見せる世界のアート・シーン。ここ日本でもすっかり「現代美術」という言葉が耳に馴染み、ハイ・カルチャーとサブ・カルチャーが入り混じるハイブリッドな様相は、海外からも熱い注目を集めています。しかしその舞台の中心が、未だ欧米にあるのはなぜでしょうか。
「世界」と「日本」を隔てる壁は、さかのぼれば戦後を生きる画家たちの前にも同様にそびえ立っていました。海外へ一時的に渡航した作家らによってもたらされた西洋趣味への傾倒に拍車がかかっていた、当時の日本。一方では、かりそめの流行に疑問を呈し、あえて異国の美術界の荒波へ身を投じた海外組や、彼らに刺激を受け、国内で独創性に富んだ作品を生み出した者も現れました。
不器用なほどひたむきに生きた画家たちの鬼気迫る作品群が、私どものコレクションの中心となっています。当館の創設者・谷川憲正(東京・海画廊 創業者)には、美術館の開館が実現した後にも描き続けたもうひとつの夢がありました。それは、私たちと同時代に生きるアーティストと、戦後美術の精鋭たちとのコラボレーション。
アートにおいてもグローバル化が進む近年、諸外国の追随ではない地盤を築く方法とはいかなるものなのか。いにしえのパイオニアたちは、いち早くこうした問題意識を持ち、後世へしっかりと道を示していたのです。奏でられる音色は、創作の喜びや苦しみ、あるいは遠い故郷を想うノスタルジーかもしれません。数十年の時を超え、約50点の過去と現在の「いま」が果たす夢の共演を、どうぞご高覧ください。
会場: 1F 常設展示室

メディア

スケジュール

2018年04月26日 ~ 2018年11月25日

ホームページ

http://moca-karuizawa.jp/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 1000円、大学生・高校生・65歳以上 800円、中学生・小学生 500円、未就学児 無料

アートスペースの開館時間

10:00から17:00まで
火曜・水曜休館
12月〜4月中旬は冬期休館

アクセス

〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2052-2
電話: 02-6731-5141

JR軽井沢駅北口より町内循環バス(中軽井沢行き)「図書館前」下車徒歩5分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援