香合百花繚乱

根津美術館

poster for 香合百花繚乱

このイベントは終了しました。

「香合」は、「香」を入れる蓋付きの容器のこと。茶の湯の道具のなかでも特に人気の高いものです。初期の香合は唐物漆器(からものしっき)でしたが、茶の湯の流行に従い、黄瀬戸や志野など国内で作られた最新のやきものや、蒔絵の古い箱、さらに螺鈿(らでん)・染付・青磁などの新しい唐物も使われるようになります。素材は漆からやきものまで多岐にわたり、形状も丸・角だけではなく、動物や楽器などバラエティーに富みます。香合ほど種類が豊富な茶道具は他にありません。このたびの展覧会では香合約170点を展示し、その世界が花開いていく様子をご覧いただきます。
[関連イベント]
スライドレクチャー「香合百花繚乱」
日時: 3月9日(金)、3月16日(金) 各回午後13:30から約45分間
会場: 根津美術館 講堂
定員: 130名
講師: 下村奈穂子(根津美術館 学芸員)
※詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年02月22日 ~ 2018年03月31日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use