「カタストロフと美術のちから展」

森美術館

poster for 「カタストロフと美術のちから展」

このイベントは終了しました。

世界中で起こる災害やテロ・戦争など様々な惨事を、多くのアーティストが主題としてきました。本展では、アーティストが惨事をどのように記録・再現し語り継ごうとしてきたかを考察します。また、アーティストの豊かなイマジネーションによって制作された作品を通して、美術の持つ「ちから」や可能性についてあらためて問い直します。オノ・ヨーコや宮島達男による鑑賞者参加型の作品や、Chim↑Pomやトーマス・デマンドによる東日本大震災を契機に制作された作品が出品される他、トーマス・ヒルシュホーン、モナ・ハトゥム、宮本隆司、田中功起、スウーンなど40組が参加します。

出展アーティスト: シヴァ・アフマディ、ミロスワフ・バウカ、坂茂、Chim↑Pom、トーマス・デマンド、クリストフ・ドレーガー、藤井光、畠山直哉、モナ・ハトゥム、平川恒太、トーマス・ヒルシュホーン、堀尾貞治、ハレド・ホウラニ、ホァン・ハイシン、HYOGO AID ’95 by ART、池田学、アイザック・ジュリアン、ヒワ・K、加藤翼、オリバー・ラリック、エヴァ&フランコ・マッテス、宮島達男、宮本隆司、オノ・ヨーコ、ジョルジュ・ルース、カテジナ・シェダー、ヴォルフガング・シュテーレ、ヘルムット・スタラーツ、スウーン、武田慎平、田中功起、ジリアン・ウェアリング。米田知子

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年10月06日 ~ 2019年01月20日
会期中無休。火曜日のみ17:00まで開館

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: November 2018

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

TABインターン tablog review

パブリック・アートの下で - 六本木ヒルズ 《ママン》-

公共空間の芸術、パブリック・アートの下で出会った人々と、アートの在り方についての話。

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援