「国立映画アーカイブ開館記念 生誕100年 映画美術監督 木村威夫展」

国立映画アーカイブ

このイベントは終了しました。

今年生誕100年を迎えた映画美術の巨匠木村威夫(1918-2010)は、1944年のデビュー以来60年以上にわたって第一線で活躍してきました。劇場公開された長篇だけでも240本を超える作品に参加し、豊田四郎、田坂具隆、鈴木清順、熊井啓、黒木和雄など、個性の異なる名監督たちとの仕事の中で、綿密な考証と大胆な発想力、そしてリアリズムと幻想の境界を飛び越える柔軟性によって、数々の名作誕生に貢献しました。また、大学や映画教育機関では後進の育成に積極的に携わり、晩年には監督としてもデビューするなど、最後まで旺盛に活動を続けました。
本展覧会では、木村威夫の遺品の多くを保管する京都造形芸術大学芸術学部映画学科のご協力をいただき、本人が描いた図面やデザイン画など、200点以上の貴重な資料を通じて、美術監督として独自の世界を築き上げた木村威夫の思考の軌跡をたどります。
[関連イベント]
1.「木村威夫の映画美術の世界」
日程: 2018年12月15日(土)
講師: 嵩村裕司(京都造形芸術大学芸術学部映画学科准教授)
2.「展示品解説」
日程: 2019年1月19日(土)
講師: 紙屋牧子(国立映画アーカイブ特定研究員)
※詳細は公式ホームページよりご確認下さい。

メディア

スケジュール

2018年10月16日 ~ 2019年01月27日
冬季休館: 12月24日〜1月3日、毎月末金曜日は20:00まで開館

アーティスト

木村威夫

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援