「光あまねく五島」

Basement GINZA

poster for 「光あまねく五島」

このイベントは終了しました。

2018年7月には「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産として世界遺産登録が確実視されている長崎県・五島列島。安土桃山時代から明治初期にかけて行われた、潜伏キリシタンに対する過酷な弾圧は遠藤周作の小説『沈黙』でも描かれ、マーティン・スコセッシ監督による映画は2017年アカデミー賞を受賞するなど、世界的にも「祈りの島」として知られています。また遣唐使最後の寄港地としての記録もあり、歴史上重要な島と位置づけられています。今、世界から注目を集める五島列島。そこに住まう写真家たちの撮る島の魅力が、このたびギャラリーBasement GINZAにて2週間にわたり展示されます。地元の写真家にしか撮れない島の風景や生活、それらを通して写し出される生と死。地元の人たちが毎日のように目にしている素朴でありながら胸を打つ「絶景」の数々が20数点並びます。「こんなに美しい島が日本にあったのか……」と作品の前で足が動かなくなるほどの感動を与えてくれる写真展です。
出展作家: 上田浩一、浦上純人、大坪昇平、角谷和明、片山徹也、川口浩、神田伸正、宿輪忠雄、永井響、中里陽道、中山正寿、橋本賢太、廣瀬健司、福井康弘、山内翼、山口正江、山野眞一、山脇正剛、若松充、@Polardady

メディア

スケジュール

2018年06月01日 ~ 2018年06月14日

アーティスト

上田浩一浦上純人大坪昇平角谷和明

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use