ゴードン・マッタ=クラーク 展

東京国立近代美術館

poster for ゴードン・マッタ=クラーク 展
[画像: 《スプリッティング》1974年 ゴードン・マッタ=クラーク財団&デイヴィッド・ツヴィルナー(ニューヨーク)蔵 © The Estate of Gordon Matta-Clark; Courtesy The Estate of Gordon Matta-Clark and David Zwirner, New York/London/Hong Kong.]

このイベントは終了しました。

1970年代にニューヨークを中心に活躍したアーティスト、ゴードン・マッタ=クラークの、待望のアジア初回顧展です。出品点数は彫刻・映像・写真・ドローイング・関連資料など約200点。代表作である建物の一部を切り取る「ビルディング・カット」シリーズ中、最大規模の立体作品《スプリッティング:四つの角》(サンフランシスコ近代美術館蔵)が初来日します。アート、建築、ストリートカルチャー、食など多くの分野で、没後40年を経た今もなお、フォロワーを生み続けるマッタ=クラーク。彼の、軽やかでクール、そして詩的なアイデアの数々は、豊かに生きるためにいま何ができるかを、私たち一人ひとりが考えるための、さまざまなヒントを示してくれるでしょう。

メディア

スケジュール

2018年06月19日 ~ 2018年09月17日
金曜日・土曜日は21:00まで、月曜日(7月16日、9月17日は開館)・7月17日は休館

Facebook

Reviews

Gordon Higgins tablog review

Structural Issues

Revisiting the Anarchitecture of Gordon Matta-Clark at The National Museum of Modern Art, Tokyo.

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use