「時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s」展

群馬県立館林美術館

poster for 「時代に生き、時代を超える 板橋区立美術館コレクションの日本近代洋画1920s-1950s」展
[画像:井上長三郎 《静物(骨と布)》 1935年]

5日後終了

大正から昭和初期の日本は、関東大震災と復興、世界恐慌、そして第二次世界大戦など歴史の大きな動きのなかにありました。板橋区立美術館はこの時代の作品を開館以来一貫して収集し、他に類をみないコレクションを形成しています。本展では、刻々と変化する社会を反映した作品群をとおして、美術と社会の関わりや、アーティストたちが置かれた環境を読み解きます。

メディア

スケジュール

2018年09月15日 ~ 2018年12月24日

ホームページ

http://www.gmat.pref.gunma.jp/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 820円、大学生・高校生 410円

アートスペースの開館時間

9:30から17:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館、翌日火曜日休館

アクセス

〒374-0076 群馬県館林市日向町2003
電話: 0276-72-8188 ファックス: 0276-72-8338

東武伊勢崎線多々良駅から徒歩20分、タクシーで10分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援