「上杉家の名刀と三十五腰」展

佐野美術館

poster for 「上杉家の名刀と三十五腰」展

このイベントは終了しました。

戦国の雄 上杉謙信が、御堂参詣の際に腰にした短刀や、天皇や将軍から贈与をうけた刀剣の数々。その跡を継いだ景勝が、秀吉から厚い信任の証しとして賜った鑓(やり)。逼迫する米沢藩の財政を立て直した鷹山の愛刀。本展は、上杉家伝来の刀剣や歴史資料など国宝重要文化財15点を含む約60点を紹介します(会期中一部展示替あり)。鎌倉時代以来の上杉家秘蔵の名刀が一堂に会す初の展覧会をお見逃しなく。本展会期中の特別展示として織田信長所用の伝承を持つ〈名物 不動行光〉を約40年振りに公開します。

メディア

スケジュール

2018年01月07日 ~ 2018年02月18日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use