「絵画のなかの動物たち」 展

バンビナート・ギャラリー

poster for 「絵画のなかの動物たち」 展
[画像: 平田守「2018.04.25 1:31」2018 パネルに化繊キャンバス アクリル絵具 エアブラシ 27.3×22.0cm(F3)]

このイベントは終了しました。

先史時代のラスコーやアルタミラの洞窟壁画から現代絵画にいたるまで、絵画の役割が変化し、多様化していくなかでも「動物」は、絵画のなかに描かれ続けています。かつて描かれた動物たちは、祈りの対象であったり、また神話や宗教の文脈を背景に何かしらを象徴するメタファーとして描かれていました。ダ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」には節度の象徴であり、穢れを嫌う高貴な動物として白貂が描かれ、ゴヤの「砂に埋もれる犬」には苦境における画家自身の孤独感と無力さの象徴として犬が描かれました。また日本でもさまざまな動植物に寓意の込められた花鳥画をはじめとして、多くの動物画が描かれてきました。本展は、永きにわたり描かれ続けてきた「動物」を、それぞれ制作のベクトルや手法の違いがある現代のアーテストに託すことで、その関りから「現代」の特質を探る試みです。参加アーティストのうち、川田龍は西洋絵画の表層を現代に置き換えてなぞり再構成することで絵画の本質を探り、内藤京平は古典絵画から引用された図像に、素朴な線描を織り成す事によって生まれるリゾームを形成。林祐衣は身の回りのモチーフや日常生活のワンシーンを中心に湿度や体温の感じられる光景を描き、平田守は発生するイメージと、それを発現させる為のメディウムとの駆け引きの中で生まれる絵画を生産しています。世界の枠組みや捉え方が変わろうとしている現代においては、動物たちと絵画の関わり方も、次の次元軸へと移行してゆくことでしょう。絵画がなくならないのであれば、絵画のなかの動物たちも私たちと共にあり続け、その時代的側面を物語り続けることでしょう。

メディア

スケジュール

2018年05月26日 ~ 2018年06月10日

アーティスト

川田龍内藤京平林祐衣平田守

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use