「没後50年 河井寬次郎展 - 過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今 -」

パナソニック 汐留ミュージアム | ルオーギャラリー

poster for 「没後50年 河井寬次郎展 - 過去が咲いてゐる今、未来の蕾で一杯な今 -」

このイベントは終了しました。

大正から昭和時代にかけて京都を拠点に活躍した陶芸作家・河井寬次郎。濱田庄司や柳宗悦と交流し、「民藝運動」に従事しました。本展では、京都の旧宅であった河井寬次郎記念館所蔵作品を中心に、日本初公開となる山口大学所蔵作品などの陶芸や木彫、書、調度類などを紹介し、河井の仕事の全貌を辿ります。さらにパナソニックの創業者、松下幸之助が求めた寬次郎作品のほか、松下が河井に文化勲章を推薦した際に贈った当時の最新トランジスタラジオ「パナペット(R-8)」の同型品を特別出品します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年07月07日 ~ 2018年09月16日
水曜日と8月13日(月)から8月15日(水)は休館

アーティスト

河井寬次郎

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use