宮本三郎 「装飾性の展開」

世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

poster for 宮本三郎 「装飾性の展開」
[画像: 宮本三郎《歌い手》1964年 世田谷美術館蔵]

94日後終了

描写力に定評のあった宮本三郎ですが、それを際立たせたのは平坦(フラット)で装飾性の高い画面構成だったのではないでしょうか。本展は、その装飾性に注目して、初期から晩年の絢爛な作品世界へ到達するまでの画業の展開を追います。

メディア

スケジュール

2018年09月08日 ~ 2019年03月17日

アーティスト

宮本三郎

入場料

一般 200円、 大学生・高校生 150円、中学生・小学生・65歳以上・障害者手帳提示 100円

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
月曜休館
月曜日が祝日の場合は月曜日開館し翌日休館、年末年始休館

アクセス

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-38-13
電話: 03-5483-3836 ファックス: 03-3722-5181

東急大井町線・東横線自由が丘駅より徒歩7分、東急目黒線奥沢駅より徒歩8分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援