藤ノ木土平「黙&吟」

LIXIL ギャラリー1 & 2

poster for 藤ノ木土平「黙&吟」
[画像: 藤ノ木土平「山芍薬残像」 2016年 65×60×H20cm]

このイベントは終了しました。

藤ノ木土平は現代唐津焼を追求する一人として、約40年にわたり毎年数多くの発表を国内外で行っています。作品は茶道具から日常のうつわ、オブジェまでと幅広く、いずれも唐津焼の特徴である自然と土の魅力を伝えます。
今展では「黙&吟」と題して、「おもちゃ匣」や「山芍薬残像」のような植物をモチーフとした造形的な作品10点を展示します。タイトルの「黙&吟」は四文字熟語の「黙思口吟」(もくしこうぎん):「黙って考え込んで小声で口ずさむ」から来ています。「黙」は「おもちゃ匣」に見られるような樹木の年輪に、「吟」は「山芍薬」の実のはじける様子から表されています。藤ノ木の泰然とした中にもユーモアの光る作品の数々をお楽しみください。

メディア

スケジュール

2018年02月27日 ~ 2018年04月24日

オープニングパーティー 2018年02月27日18:00 から 18:30 まで
アーティストトーク

アーティスト

藤ノ木土平

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use