「ルーヴル美術館展」

国立新美術館

poster for 「ルーヴル美術館展」
[Image: ヴェロネーゼ 《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》 1560年頃 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom ]

このイベントは終了しました。

人の似姿を描出する肖像は、古代以来の長い歴史をもつ芸術ジャンルです。本展は、ルーヴル美術館の全8部門から選りすぐられた約110点の作品を通して、肖像の社会的役割や表現上の様々な特質を浮き彫りにします。27年ぶりに来日するヴェネツィアの巨匠ヴェロネーゼの傑作《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》から、古代エジプトの棺を飾ったマスク、ローマ皇帝やナポレオンなどの君主像、そして華麗な女性や愛らしい子どもたちの肖像まで、数々の肖像の名品が一堂に会します。

[関連イベント]
ルーヴル美術館の肖像芸術
講師: リュドヴィック・ロジエ (ルーヴル美術館 古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術部門 学芸員)
日時: 2018年5月31日(木) 14:00-15:30 (13:30開場)
会場: 国立新美術館3階講堂
定員: 260名 (先着順、申込不可)

ものがたる肖像―ルーヴル美術館展 肖像芸術に寄せて
講師: 小池寿子(國學院大學教授)
日時: 2018年7月21日(土) 14:00-15:30 (13:30開場)
会場: 国立新美術館3階講堂
定員: 260名 (先着順、申込不可)

メディア

スケジュール

2018年05月30日 ~ 2018年09月03日
毎週金曜日・土曜日は、5・6月は20:00まで、7・8・9月は21:00まで開館

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use