藤田嗣治 展

ギャルリーためなが

poster for 藤田嗣治 展
[画像: 藤田嗣治 少女 1961 キャンバスに油彩 24×14cm]

このイベントは終了しました。

あたたかみのある質感のともなう乳白色の下地と、その上を走る流麗な線描。東西の文化を緻密に融合させた独自のスタイルで一世を風靡し、一躍パリの寵児となった藤田嗣治。本年で没後50年という節目に、折しもためながも開廊50年を来年に控えます。ご承知の通り、藤田は晩年パリに帰化し、以降日本の地を踏むことはありませんでしたが、藤田のアトリエに頻繁に招かれ、交流を深めていたギャルリーためながの創始者・為永清司に、幾度となく帰郷の念を打ち明けておりました。本展では、油彩及び線描の際立つデッサンなど、名品の数々を揃え40余点の展覧といたします。

メディア

スケジュール

2018年07月20日 ~ 2018年09月30日
日曜日・祝日は11:00〜17:00開館

アーティスト

藤田嗣治

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use