「拡張する住処」

コートヤードHIROO

poster for 「拡張する住処」

このイベントは終了しました。

異なる土地への移住や国境の往来を繰り返すアーティスト達にとって「家にいる」とはどういう状態なのでしょうか。本展において、「家」とは必ずしも慣れしんだ安らぎの場を意味するものではありません。むしろここで示される「家」は、一時的、虚構的、不安定で不明瞭な場所を示唆しています。自分自身が置かれる場所への違和感や慣れ親しんだ家を逆説的に奇妙で驚異的なものにしてしまう…といったように、アーティストそれぞれが思い思いに「家」やその周辺に関わる様々なことがらを扱い作品を展開します。国境を越えた都市化や移民をはじめとする人々の移動が進むにつれて、特定のコミュニティーのアイデンティティの形成やそこに属していないものを排除する「定点としての家」の概念はもはや機能しなくなってきています。本展では、現代社会において、果てしなく拡張し続けるフィールドで多感に情報収集し、感じ、繋げていくというアーティスト達のアプローチに焦点を絞ります。そして、記憶、欲望、漂流し続けるといったパラドックスを包括した「家」という概念について再考することを試みます。

[関連イベント]
1. ギャラリートーク・ラウンドテーブル
日時: 5月4日(金) 17:30〜18:45 
予約: 不要
参加費: 無料
進行役:小笠原博毅(神戸大学大学院 国際文化学研究科 教授)
2. パフォーマンスイベント
日時: 5月11日(金) 19:00〜20:00
特別参加アーティスト: Niranjan Rajah(サイモンフレーザー大学 インターラクティヴアーツ&テクノロジー学科 准教授 マレーシア生まれカナダ在住)
*詳細は公式ホームページよりご確認ください。

メディア

スケジュール

2018年05月04日 ~ 2018年05月18日

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use