「リアル - 最大の奇抜 - 」展

府中市美術館

poster for 「リアル - 最大の奇抜 - 」展

このイベントは終了しました。

明治維新とともに本格的に輸入された西洋画の写実思想は、日本画や工芸などあらゆる美術の基本として受け止められました。しかしそれ以前、江戸時代にリアルを求めた画家がいなかったわけではありません。本展では円山応挙をはじめ司馬江漢、森狙仙といった迫真性を求め新たな技法に挑戦した作家たちの作品を展示します。奇想の画家たちに注目が集まっていますが、「リアル」という言葉の多様さについて考える展覧会です。※期間中展示替えあり

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年03月10日 ~ 2018年05月06日

アーティスト

円山応挙司馬江漢森狙仙

Facebook

Reviews

Jennifer Pastore tablog review

10 Things in Tokyo: April 2018

Events and exhibitions happening this month in Tokyo and beyond

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use