poster for KAWS 展
[画像: KAWS, Untitled, 2017 Acrylic on canvas 183 x 305 cm / 72 x 120 in. Photo: Farzad Owrang / Courtesy Perrotin]

23日後終了

KAWSは同世代きってのアーティストとされ、その活動は美術館やギャラリーへの定期的な展示という枠に収まらず、より広い観者層を魅了します。作品はアートとデザインの世界を跨ぎ、ペインティング、壁画、大型立体作品、ストリート・アート、グラフィック・デザイン、プロダクト・デザインと多岐にわたり、多作かつ影響力があると言えるでしょう。過去20年におよぶ優れたキャリアを築き上げたKAWSの作品は、一貫して彼のアーティストとしての機敏さを示すとともに、今の時代に適したウィット、風刺、愛情をも見せます。多様な表現手段を用いて制作される作品は、たびたびポップカルチャー・アニメからインスピレーションを得ており、またそれらのモチーフを利用しながら、ユニークな言わばアートの語彙を独創します。
現在では、原寸を遥かに超えた立体作品や、線と色を強調したハード・エッジ・ペインティングが高評価を得ているKAWSですが、彼による人間性の探究を最も色濃く表しているのは、漫画のキャラクターと人間を交配させた登場人物達かもしれません。KAWSの洗練されたグラフィック様式は、大きく大胆な振る舞いと、鋭敏かつ遊び心に満ちた複雑さを併せ持って、作品に命を吹き込みます。また、国際的ブランドとのコラボレーションからも見受けられるように、KAWSが描くイメージには精巧なユーモアがあり、コンシューマー向け商品との思慮に富んだ相互作用を生み出します。このように、アートの世界に留まらず、多くのコレクター達から絶大な支持を受ける幅広い魅力こそが、今日の文化においてKAWSを卓越したアーティストと位置付けるのです。

メディア

スケジュール

2018年03月22日 ~ 2018年05月12日

アーティスト

KAWS

ホームページ

https://www.perrotin.com/exhibitions/kaws/6409 (English)

入場料

無料

アートスペースの開館時間

11:00から19:00まで
月曜・日曜・祝祭日休館

アクセス

〒106-0032 東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F

都営大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅1a、1b、3番出口から徒歩2分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use