「山梨県立美術館物語 40年間のストーリー&ヒストリー」

山梨県立美術館

poster for 「山梨県立美術館物語 40年間のストーリー&ヒストリー」

このイベントは終了しました。

山梨県立美術館の40年の歩みを4つの章で振り返ります。山梨県立美術館は昭和53(1978)年に開館し、平成30(2018)年は40周年にあたります。本展では当館の歩みを様々な資料や所蔵品をとおして振り返ります。第1章では、今まで公開する機会の少なかった写真資料とともに、当館の歴史を振り返ります。建設前の地鎮式、建物建設中の様子、ミレー『種をまく人』が報道陣の前に初めて公開された時の熱気、開館初日に出来た長蛇の列、そしてその後の様々な出来事をご紹介します。第2章では、アンケートによって選ばれた所蔵品「私の愛する作品たち」を寄せられたコメントと合わせて展示します。ミレー館の作品で選ばれたものの一部に関しては、作品にまつわる普段見ることの出来ない資料を展示いたします。作品自体は本展と同じチケットで、ミレー館にてご覧いただけます。第3章では、当館が今まで開催してきた特別展に着目します。「ミレー、バルビゾン派、ヨーロッパの風景画の展覧会」、「山梨に関する作家や作品の展覧会」、「世界中の様々な美術を紹介する展覧会」という3つのカテゴリーに分けて、当館における特別展の蓄積と意義を広報用印刷物や展示風景の写真などとともに考察します。第4章では、当館が開館当初から取り組む教育普及事業の発展を振り返ります。実際子どもの頃にワークショップに参加した方々にもアンケートを行い、美術館の教育普及事業の可能性を探ります。未来への飛躍を抱負に、山梨県立美術館のこれまでの活動を振り返る展覧会です。

メディア

スケジュール

2018年01月02日 ~ 2018年03月04日
休館: 2月13日(火)、19日(月)、26日(月)

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use