「綺想の息子たち - Heutiger Manierismus: Radi-um Mix」展

ラディウムーレントゲンヴェルケ

poster for 「綺想の息子たち - Heutiger Manierismus: Radi-um Mix」展

このイベントは終了しました。

“Manierisums”とは、16世紀中〜末の後期イタリア・ルネッサンスにみられた美術様式である。ヴァザーリは、イタリア語の「maniera(手法・様式)」に「自然をも凌駕する高度な芸術的手法」という意味を付加した。しかし、これはその後”単なるミケランジェロの模倣者”という否定的な解釈を生む。
「巧術」をひとつの柱として、現代の日本美術の在り方を提唱するレントゲンヴェルケの次なるシリーズ「綺想の息子たち-Heutiger Manierisums」は、元の”高度な芸術的手法の継承者たち”の意味に立ち返り、マニエリズムという言葉を取り上げたい。ジョルジョ・ヴァザーリの普遍的な美の存在を前提とした「様式」を、2009年から池内のキュレーションにて開催している「巧術」のスピンオフ的な概念として着地させることができるのではないかと考えたのである。

メディア

スケジュール

2018年01月19日 ~ 2018年02月11日
水曜日・木曜日・1月26日(金)は休館

オープニングパーティー 2018年01月20日15:00 から 18:00 まで

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use