野村和弘 + 柴田健治 「彼女の指先と神話」

アルマスGALLERY

poster for 野村和弘 + 柴田健治 「彼女の指先と神話」

7日後終了

素材の持つ意味や機能を吟味しながら、作品ごとに表情の違う絵画やインスタレーションを展開する野村和弘と、手前に張り出す感覚と奥に吸い込まれる感覚が同時に存在する、不思議な絵画空間を生み出す柴田健治によるコラボレーション展です。
二人の作品に共通するテーマとして、「不確定なもの」が挙げられます。それは、日の光や温度、風のそよぎなどのように一定ではない状況ですが、数年先まで計画を立てて日々行うことを確定させ、すべてが動いているように見える今の社会では、排除されがちな考えといえるのかもしれません。一方で、「不確定なものを積極的に捉えてその意味に向き合うことは、この時代を背景として、何か見知った世界とは別の、豊かな世界へと通じる道を探ることになるかもしれません。
野村は、イヤリングやスツールなどによるインスタレーションを展示し、柴田は、滑らかで鑑賞者の姿さえも映し出す鏡のような絵画を出品します。
本展は、アルマスギャラリーとアートトの教育プログラム「キュレーション・プラクティス」が共同で制作しています。

メディア

スケジュール

2018年01月19日 ~ 2018年03月03日
2月16日〜18日は休館

オープニングパーティー 2018年01月19日18:00 から 20:00 まで
藤原大典(美術家)による自作詩の朗読を予定

アーティスト

野村和弘柴田健治

ホームページ

http://harmas.fabre-design.com/ (アートスペースのウェブサイト)

入場料

無料

アートスペースの開館時間

12:00から19:00まで
月曜・火曜・水曜・木曜・祝祭日休館

アクセス

〒135-0024 東京都江東区清澄2-4-7
電話: 03-3642-5660 ファックス: 03-3642-5633

都営大江戸線・東京メトロ半蔵門線清澄白河駅A3出口より徒歩6分、都営新宿線森下駅A1出口より徒歩11分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use