山本直彰 「ASK, SEEK, KNOCK —DOOR II」

コバヤシ画廊

poster for 山本直彰 「ASK, SEEK, KNOCK  —DOOR II」
[画像: 山本直彰 「KNOCK」 2017 和紙、アートグルー、岩絵具、箔、パネル 276×242.3cm]

このイベントは終了しました。

従来の日本画の枠組みにとらわれない作品を制作し続ける山本直彰。作家は1990年代に民主化に揺らぐ政情不安定なプラハでの経験から作られた路上に打ち捨てられた本物の「ドア」を支持体とする物質感溢れる「DOORシリーズ」で、大きな転機を得ました。その後、深い黒を切り裂き滑空/落下するイカロスを鮮烈な筆致で描いた「IKAROS」シリーズ、新たに垂らしこみ等の技法を用い「PIETA」本展覧会は昨年に続き「ASK, SEEK, KNOCK -DOOR II」シリーズを発表致します。新作の大作約3-4点と小品を画廊内に展示予定です。近年に至るまで精力的に作品を発表しています。

メディア

スケジュール

2018年06月04日 ~ 2018年06月16日 17:00
開館時間: 11:00〜19:00

アーティスト

山本直彰

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use