「初公開 田中一村の絵画 - 奄美を愛した孤高の画家 -」

岡田美術館

poster for 「初公開 田中一村の絵画 - 奄美を愛した孤高の画家 -」

このイベントは終了しました。

再評価の進む日本画家、田中一村(たなかいっそん)の生誕110周年を記念し、岡田美術館が所蔵する一村の作品5点を初公開します。50歳で奄美大島へ移住した一村は、亡くなるまでの20年間を同地で過ごしました。その間に描かれた作品の主題は、これまで日本画の題材とされてこなかった亜熱帯の生き物たちでした。鮮やかな赤や緑の動植物や熱帯魚などを描いた奄美時代の作品で、特に最高傑作と名高い「アダンの海辺」(個人蔵・展示期間: 8/24~9/24)は必見です。また一村と通じる伊藤若冲、東京美術学校の同級生であった東山魁夷の作品などもあわせて展示します。

メディア

special discount

この展覧会はミューぽん割があります
iPhoneアプリをダウンロードして、東京と関西で開催される展覧会をお得に楽しもう!

詳細とダウンロード

スケジュール

2018年04月06日 ~ 2018年09月24日

アーティスト

田中一村伊藤若冲

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use