「明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け」展

鉄道博物館

poster for 「明治150年記念 NIPPON 鉄道の夜明け」展

4日後終了

2018(平成30)年は、日本の元号が「明治」と改められて満150年の節目の年にあたります。幕末期に日本が開国へと動き始めた頃、日本にもたらされた蒸気機関車模型の走る様子を実見した者、模型を製作した者、海外で鉄道に乗車した者、鉄道の技術を体系的に学んだ者たちがいました。その後、1869(明治2)年、明治政府は鉄道建設を決定しましたが、技術も物資も資金もないため、お雇い外国人を招聘し、その指導のもとに鉄道建設を開始、1872(明治5)年、日本で最初の鉄道が新橋~横浜間に開業しました。本展では、幕末期における日本人と鉄道との関わり、明治に入り鉄道建設開始にあたってのお雇い外国人の招聘とその活躍、その後の日本人の自立による鉄道技術の進化についてご紹介します。

メディア

スケジュール

2018年04月28日 ~ 2018年09月30日
7月24日・7月31日・8月7日・8月14日・8月21日・8月28日は開館

ホームページ

http://www.railway-museum.jp/top.html (アートスペースのウェブサイト)

入場料

一般 1300円、高校生・中学生・小学生 600円、幼児 300円

アートスペースの開館時間

10:00から18:00まで
火曜休館
年末年始休館

アクセス

〒330-0852 埼玉県さいたま市大宮区大成町3-47
電話: 048-651-0088

埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)鉄道博物館(大成)駅より徒歩1分、JR大宮駅西口より徒歩20分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use