「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」

国立西洋美術館

poster for 「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光」

本日終了

マドリードにあるプラド美術館は、スペイン王室の収集品を核に1819年に開設された、世界屈指の美の殿堂です。本展は、同美術館の誇りであり、西洋美術史上最大の画家のひとりであるディエゴ・ベラスケス(1599-1660年)の作品7点を軸に、17世紀絵画の傑作など61点を含む70点をご紹介します。17世紀のスペインは、ベラスケスをはじめリベーラ、スルバランやムリーリョなどの大画家を輩出しました。彼らの芸術をはぐくんだ重要な一因に、歴代スペイン国王がみな絵画を愛好し収集したことが挙げられます。国王フェリペ4世の庇護を受け、王室コレクションのティツィアーノやルーベンスの傑作群から触発を受けて大成した宮廷画家ベラスケスは、スペインにおいて絵画芸術が到達し得た究極の栄光を具現した存在でした。本展はそのフェリペ4世の宮廷を中心に、17世紀スペインの国際的なアートシーンを再現し、幅広いプラド美術館のコレクションの魅力をたっぷりとご覧いただきます。

[関連イベント]
■講演会
日程: 2018年5月25日(金)ステージ1 18:00~18:30/ステージ2 19:30~20:00(開場は各回30分前)※両ステージとも、出演者、プログラムは同じです。
会場: 国立西洋美術館 講堂(企画展示館地下2階)
各回定員: 130名

<プログラム>
♪ ビゼー : 歌劇 『カルメン』 より アラゴネーズ ~ ハバネラ ~ トレアドール
♪ カタロニア民謡/カザルス編曲 : 鳥の歌
♪ タレガ : アルハンブラの思い出
♪ サラサーテ : ツィゴイネルワイゼン
<出演者>
ヴァイオリン/及川博史、小関 郁、ヴィオラ/樋口雅世、チェロ/森山涼介

1. 「ベラスケスとプラド美術館:運命共同体としての歩み」
日時: 2018年2月24日(土) 14:00~15:30 ※同時通訳付き
講師: ハビエル・ポルトゥス(本展監修者・プラド美術館スペイン絵画(1700年以前)部長)

2. 「宮廷画家ベラスケスの挑戦と革命-ボデゴンと肖像から物語絵へ」
日時: 2018年3月17日(土) 14:00~15:30
講師: 大髙保二郎(早稲田大学名誉教授)

3. 「ベラスケスとスペインの風景」
日時: 2018年4月7日(土) 14:00~15:30
講師: 川瀬佑介(本展監修者・国立西洋美術館主任研究員)

4. 「スペイン系ハプスブルク家の宮廷:その史的概論」
日時: 2018年4月14日(土) 14:00~15:30
講師: 宮崎和夫(筑波大学准教授)

5. 「17世紀スペインの美術理論と画家の社会的地位」
日時: 2018年5月12日(土) 14:00~15:30
講師: 松原典子(上智大学教授)

■スライドトーク
日時: 2018年3月9日(金)、3月23日(金)、4月20日(金)、5月11日(金) 各回18:00~(約30分)
会場: 国立西洋美術館講堂(地下2階)
解説者: 坂本龍太(早稲田大学大学院)
定員: 各回先着130名(聴講無料。ただし、本展の観覧券(半券可)が必要です。)
参加方法: 直接講堂にお越しください(開場時間は各日とも開演の30分前)。

※各イベントの詳細は公式ホームページをご確認下さい。

メディア

スケジュール

2018年02月24日 ~ 2018年05月27日
金曜日と土曜日は20:00まで

入場料

一般 1600円、大学生 1200円、高校生 800円、中学生以下 無料

アートスペースの開館時間

9:30から17:30まで
金曜日は20:00まで, 土曜日は20:00まで
月曜休館

アクセス

〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7
電話: 03-3828-5131 ファックス: 03-3828-5135

JR上野駅公園口より徒歩4分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2018) - About - Contact - Privacy - Terms of Use