松下徹 「CUTTER」

SNOW Contemporary

poster for 松下徹 「CUTTER」
[画像: 松下徹「回路#2」ミクストメディア、2018年]

7日後終了

松下はアーティストとして活動するかたわら、日本のストリートカルチャーに焦点を当てた企画チーム「SIDE CORE」の中心人物としても活動しています。松下は、個人の作家としてもアーティストならではの視点やリサーチよって、ストリートカルチャーに関する各種媒体への寄稿や、レクチャー、トークショーへの参加など、その活動の範囲を広げています。
本展では、高電圧電流が残した焼け跡や、振り子の軌道で描いた曲線、絵の具のひび割れなど、様々な現象やシステムが生み出す動きの痕跡をコラージュした絵画作品の新作を展示します。これらの自動的なシステムによるペインティングは、工芸や化学実験より着想を得ており、特にフラクタル(自己相似性)を持つ形を作り出すことに松下は興味を寄せています。フラクタルは全体と部分が比例の関係を持つ図形で、時間や空間に対して固有のスケールを持ちません。有名なところではインターネットのトラフィックパターンや金融市場の価格変動は、このようなフラクタル構造を持っています。松下はその絵画制作を「観測・収集する行為」として捉え、システムの按配を微調整しながら、複数のパターンを作り出すのです。近年松下の作品は、作り出した素材をコラージュする過程が加わり、フラクタルに展開するパターンを解体したり、繋げるプロセスを通じて絵画を構成します。
松下はコラージュを「絵画制作に動画の編集のような、絵の中に時間を編集していく」作業だと捉えています。松下の絵画における編集作業とは、コラージュされる素材が多様な時間軸を持っているということだけではなく、実際にコラージュの為に切り出した素材が、また別の作品に埋め込まれていくというプロセスをも含みます。このような観測・収集・編集していくこと、いくつかの異なる行為や過程を経て制作される絵画は、独特のリズム感をもたらす幾何学的な抽象画となり、都市景観の地図のような、もしくは電気回路のような、スケールを横断するイメージをもたらします。
今回の個展では新作絵画とともに、未発表の絵画制作プロセスを撮影した映像作品も展示します。多様な視点から都市に介入する企画を多数実践してきたSIDE COREの松下徹だからこそ生まれるユニークで複眼的な絵画作品を是非ご高覧ください。

メディア

スケジュール

2019年02月01日 ~ 2019年03月02日
2月15日(金)は休館予定 ※詳細はHPもしくは電話にてご確認ください

オープニングパーティー 2019年02月01日18:00 から 20:00 まで

アーティスト

松下徹

入場料

無料

アートスペースの開館時間

13:00から19:00まで
月曜・火曜・日曜・祝祭日休館

アクセス

〒106-0031 東京都港区西麻布2-13-12 早野ビル404
電話: 03-6427-2511

都営大江戸線・東京メトロ日比谷線六本木駅2番出口より徒歩8分、東京メトロ千代田線乃木坂駅5番出口より徒歩9分、東京メトロ日比谷線広尾駅4番出口より徒歩10分

Google map

このイベントに行かれる際には、東京アートビートで見たとお伝えいただければ幸いです。

Facebook

Reviews

All content on this site is © their respective owner(s).
Tokyo Art Beat (2004 - 2019) - About - Contact - Privacy - Terms of Use - GADAGO NPOを応援